[あわら市 | 坂井市 | 福井市 | 加賀市] 熊本産国産畳で張り替えなら、お客様から頂いた感想数が県内随一の玉木畳店へ

< トップ国産畳・和紙畳・琉球へり無し畳

玉木たたみ店へのお問合せはこちら
電話する

い草農家の情熱・熱意・こだわり

農家さんから勉強した話

2010年1月28日に い草の産地 熊本県へ研修に行ってきました。

い草の産地 熊本県へ

熊本県の八代市に到着。さっそく い草を育てている田んぼをチェック。11月に植えつけられたばかりなので、まだまだ短いです。

い草の田んぼ

い草の田んぼ

10月〜11月の寒くなる時期に い草の植え付けをし、1月〜2月の間に根を張ります。

そして、5月〜6月にかけての暖かくなる時期に一気に草が伸び、6月の梅雨時期に成長がピークになります。

い業研究所へ

熊本県の農業研究センターである「い業研究所」にお話を聞きにいきました。

い業研究所

この研究所は、平坦水田地帯における主力部門である「いぐさ」と「野菜」に関する試験研究を通じて地域農業の発展に寄与することを目指しており、いぐさ部門においては、品種改良、栽培技術や畳表の加工技術及び畳以外の他用途加工技術の開発に取り組んでいます。

い業研究所 畳表の見くらべ

い草の品種によっての違いを見せてもらいました。

一言に い草といっても品種は様々です。従来から栽培されている「きよなみ」・「岡山3号」といわれている い草や、品種改良された「夕凪」、「ひのみどり」、「ひのはるか」という種類の い草があります。

生産量は、「ひのみどり」が一番おおくて約55%ほど、「夕凪」が15%で「ひのはるか」が10%ほどだそうです。

い業研究所 畳表を織る機械@

い業研究所 畳表を織る機械A

天津 謙治さんの い草工場へ

親子三人でやっていて、息子さんで四代目(僕と同じ)になるそうです。

とても大きな工場で、畳表を織る機械が6台おいてありました。

天津 謙治さんの い草工場へ

天津 謙治さんの い草工場へ

上の写真は、い草を長さで選別したものになり、右から一番草、二番草・・・五番草で、一番草を高級品用に、五番草を下級品用の畳表に使います。

天津 謙治さんの い草工場へ

天津 謙治さんの い草工場へ

次に、い草が折れていないか、枯れている草が混じっていないかを目でチェック。一束のチェック時間はなんと十秒前後!

天津 謙治さんの い草工場へ

その後、い草を織り機にセットし畳表を作ります。

織る速度を遅くすると作れる枚数は少ないけど腰のある畳表が織れ、早くすると沢山の枚数が織れるけど腰がなく 織りムラが出やすいそうです。

天津 謙治さんの い草工場へ

最後に、奥さんが畳表に切れやムラがないかの検品作業です。この検品作業の良し悪しで、畳表の値段が変わったりするそうです。

橋口 英明さんの い草工場へ

橋口 英明さんの い草工場へ

工場の中に入ると「あれ、暗い」と思い聞いてみたら「窓からの光でい草が日に焼けないように黒色の分厚いカーテンで覆っています」とのこと。

橋口 英明さんの い草工場へ

また橋口さんは、い草をとっても細く作っていて、織り機をすごく遅くし一日に作れる枚数を少なくしてでも上級品・上質な畳表を作っているそうです。

橋口 英明さんの い草工場へ

できた畳表を触らせてもらいましたが、艶がありさらっとした肌触りでごっつい仕上がりになっていました。

畳表を保管してある倉庫には、加湿器が三台置いてありエアコンがまわっていました。毎日、室温と湿度を管理して、一番良い状態に保っているそうです。

橋口 英明さんの い草工場へ

橋口 英明さんの い草工場へ

ここまで徹底してる農家さんは一割もなく、この橋口さんは農林水産大臣賞を受賞しているほどのい草作り・畳表作りの名人なんです。

でも「まだ一度も納得のいく物が作れていない。毎日、あ〜でもない、こ〜でもないと考えながら、どうしたらいい畳表になるか試行錯誤して作っています」とのこと。

い草農家さんの想い

「中国産には価格では絶対勝てない。でも中国産なんてどうでもいいんです。

自分が納得できるような品物を一生懸命に作る事が私は大事だと思っています。

それで畳屋さんやお客さんが喜んでくれたら嬉しい。どうか国産の畳表を使って下さい。本当に命かけて作ってますから」と話してくれました。

産地まで行って農家さんと話をする畳店は、ほとんどいないのが現状です。

でも、産地に行って農家さんと話ができ本当に良かった。中国産に押され現状はとても苦しい中、い草作り・畳表作りに対する情熱、熱意、こだわりを教えてもらいました。

まずはお気軽にご連絡下さい。
先延ばしにせず、ご相談だけでも今すぐどうぞ。

お電話で無料相談:玉木たたみ店

お問合せフォーム:玉木たたみ店

LINEで無料相談:玉木たたみ店

無料相談の流れ

玉木畳店 無料相談の流れ

@ お気軽にご相談下さい

「一度声をかけたら断れなくなるんじゃ…」とお思いの方、ご心配は無用です。

相談をしたからといってそのまま注文しなければならないということはありません。

分からないことや疑問点、どんなお悩みでも構いません。まずはお電話にてご連絡下さい。

お電話で無料相談:玉木たたみ店

無料診断・お見積り

無料診断・無料お見積りをご希望の方は畳・襖・障子を見せていただくことが必要になりますので、その際もお気軽にご連絡下さい。しつこい営業は一切いたしません。

A 畳・襖・障子の診断

ご連絡いただいた際に、日程調整をおこない、ご都合のよいときに診断にお伺いします。

「畳や襖・障子の状態・お部屋の大きさ」など、実際にどんな状況・状態かを確認させて頂きます。特にお困りになっていること、お悩みになっていることがありましたらお伝え下さい。

B 畳の実物、
襖・障子のサンプルを見て頂きます

お電話で無料相談:玉木たたみ店

畳表は実際に見て触ってみないとなかなか違いがわかりにくいです。

よく「見本を持参します」と言って、切れ端だけを見せるお店もあるようですが、「それだと、わかりにくいし本当にそのゴザをつけるの?」と考え、当店では実際におつけする実物の畳表をお持ちしています。

また、襖や障子についても実物のサンプルを見て頂きます。

C お見積りを提出いたします

気になることや疑問点などをすべてお聞きした上で、お見積りをいたします。少しでもわからない点がありましたら、いつでもおっしゃってください。

D ご納得いただければ、ご契約です

検討いただいた上でご納得いただければご契約となり、張り替えの日時をお話しさせていただきます。

まずはお気軽にご連絡下さい。
先延ばしにせず、ご相談だけでも今すぐどうぞ。

お電話で無料相談:玉木たたみ店
お問合せフォーム:玉木たたみ店
LINEで無料相談:玉木たたみ店

ホーム お客様の声 当店紹介 お部屋紹介 役に立つ話 価格・サービス お問い合わせ